代表取締役社長 水品陽一

 長野駅前A-3地区第一種市街地再開発事業が無事竣工されましたことを、心からお喜び申し上 げます。
 これもひとえに、国、県、および関係機関の皆様のご指導、施行者ならびに関係権利者の皆 様の多大なるご尽力と周辺住民の皆様方のご理解とご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
 この長野駅前地区では、昭和49年に長野市で最初の市街地再開発事業の都市計画が決定され 平成9年にA-2地区の「ウエストプラザ長野」、平成18年にA-1地区の「 A-ONE City」が完成い たしました。そして、残るA-3地区では、賑わいのある長野市の玄関口としてふさわしい施設整 備が望まれる中、変動する経済情勢に柔軟に対応しながら、再開発事業が行われてまいりまし た。
 整備に当たりましては、隣接するウエストプラザ長野とペデストリアンデッキにて連結する ほか、壁面後退による歩行者空間の確保がされるなど、土地の高度利用や、安全性・防災性の 面で優れたものとなっております。
 長野市としましても、本事業が「訪れたくなるまち」、「歩きたくなるまち」を目標とする 中心市街地のまちづくりに果たす役割は非常に大きいものと考え、国・県の補助を受けながら 支援をしてまいりました。
 本事業により整備されましたA-3地区が、長野駅善光寺口の新しいシンボル、地域発展の核と して、多くの市民の皆様に愛され、有効に利用されますことを心からご期待申し上げます。

 

取締役 柏木久仁昭

 わが街、末広町は1888年(明治21年)の長野駅開業に伴い新たに開かれた町としてスター トし、1997年の長野新幹線開業と翌年の長野冬季オリンピックを経験した歴史と伝統をほこる 県都長野と善光寺の「玄関口」に位置しております。永らくJR長野駅周辺のさまざまな利用者 のニーズにお応えし、賑わいと活気のある街として繁栄して参りました。  この度、私どものビルの竣工をもちまして、昭和49年に都市計画決定がなされた長野駅前A地 区の市街地再開発が完了することとなりました。
 当施設はホテルや飲食店等が入居する地上11階の複合ビルです。施設計画においては、だれ もが安全で快適に施設利用が出来る事を目指し、施設のバリアフリー化・多目的トイレ・授乳 室の設置等を行い、建物全体でバリアフリー法の認定を受け、さらに環境負荷の低減を図るた めに、太陽光パネルの設置・屋上緑化・共用通路照明のLED化を行いました。
また、隣接するA-2地区(ウエストプラザ長野)と2階部分をペデストリアン・デッキでつな がせていただき、両ビルを利用する来訪者の回遊性が向上するものと確信しております。
 また、1階正面のバス停より長電バスによる池袋、新潟、京都、大阪への高速バス運行が開 始されることになりました。
 ビルの愛称「Nacs 末広」とは新しい時代に向かって、人と自然に優しい国際都市「Nagano」 の玄関口にあたる末広町で、環境と共生し、質の高い「おもてなし」が出来き、ご利用いただ くお客様の満足度の高い商業ビルを目指すという気持ちを込めて名付けました。
最後になりましたが、ビルの完成までには多くの方々のご協力とご支援をいただいたことに 改めて感謝申し上げます。行政をはじめとした関係者の皆様には格別のご指導とご協力を賜り ました。近隣の皆様には工事期間中たいへんご迷惑をおかけし、お世話になりました。そして 多くの方々に尊いご縁とご努力を賜り、ようやく竣工に望めましたことを心よりお礼申し上げ ます。
 みなさまとここ末広町で紡いだ「ご縁のランドマーク」として、いつまでも安全で快適な開 かれたビルでありつづけることをお誓いいたしますので、今後ともなお一層のご理解とご支援 を賜りますようお願い申し上げます。

 

ページの先頭